内面を見つめるのに役立つ香り

「外側より内側を」
「内面を見つめる」

この数日、似たような言葉を何度も見たり聞いたりしています。

これはきっと何かのメッセージなんでしょう。って思ったり。

内面を見つめるといえばサンダルウッド精油です。

サンダルウッド精油は木部、心材という樹木の材の中心に近い部分から精油が得られます。

そんなところから「自分の内面を見つめる」というメッセージが浮かび上がります。

アロマアナリーゼセッションでもこのサンダルウッド精油を選ばれる方は、
「一点を見つめる」とか「内面に目を向ける」というイメージをお話しされる方が多いです。

宗教儀式にも使われた香りです。

外側の声ではなく内側の声、自分の内面の声に目を向ける、耳を傾ける、瞑想、内観、にぴったりの
香りです。

社会の価値観に沿って生きるのではなく、自分の価値観に沿って生きること。

そのためにサンダルウッド精油の香りを使って、自分の内面を見つめる時間を持つのも良いかもしれません。

先日、白檀の香り付きの扇子をいただきました。

心の奥に染み渡る香りがとても心地よく感じました。

この記事を書いた人

山野 笑子

アロマテラピーに出会い「大丈夫、私ならできる」と自信が持てたことをきっかけにアロマテラピーの学びを深める。
精油は私の人生に彩りを与えてくれたことから、2013年千葉県松戸市に「アロマテラピースクール&サロン irodori」をオープンする。
アロマテラピーのレッスンを通じて「一人一人が自分にしかない魅力に気づくことで、望む未来へ向かって一歩踏み出せる」と伝えることを自らのミッションとしている。
何事も前向きに捉える姿勢とアロマテラピーに対する知識と情熱から、安心感がある、信頼できるとの感想を多くいただいている。

アロマアナリスト
アロマアナリーゼインストラクター
NARDアロマテラピー協会認定 アロマインンストラクター
NARDアロマテラピー協会認定 アロマセラピスト