ローレルが気になる私って・・・

今日の「アロマアナリスト養成講座」は精油のプロフィール作りでした。

レッスンが終わって「今日私が一番響いた精油って何だろう?」っ思った時に浮かんだのが

ローレル精油

irodoriでのアロマアナリーゼセッションでは1、2位を争うくらいに人気の精油です。
(ちなみにベルガモットも人気^^)

ローレル精油はナードのアドバイザーのレッスンで初めて嗅いだと思うのですが、その時の印象もなく、
アドバイザーのレッスンでご紹介はしますが自分で使うこともない精油でした。

ですが、ある時からこのローレル精油の香りがたまらなく良く感じて、そうなると、類は友を呼ぶなのか、
この精油が好きって人が集まるようになりました。

突然ローレル精油が好きになった私ってどういう心境だったんだろうか?とふと思ったんですよね。

ローレルは「月桂樹の葉ですよ」というとアロマを知らない方でも「あぁ!」とわかってくれる植物です。

古くから、知性やスポーツに優れた人や英雄のシンボルとして、ローレルで作った冠を頭に乗せるという
習慣がありました。

そんなところからローレル精油には「社会的に認められたい」「社会に貢献をしたい」という向上心に溢れる人が
好む精油に思います。

自分と重ねてみると「アロマプラクティショナーとして認められたい、誰かに貢献したい」という気持ちが
むくむく〜!!っと湧いてきた時期だったと思います。

今まではどこかアロマを伝えることに自信が持てなくて「認められたいなんてとんでもないわ〜」とどこかで
思っていたのかもしれません。

でもある程度場数をこなしていくと「もっともっと!!」という気持ちが出てきたんでしょうね。

社会に認めてもらう前に、誰かに認めてもらう前に。

自分の価値を認めよう!

そんなメッセージがローレルにはあると私は思っています。

精油からのメッセージはとても心強いです。

この記事を書いた人

山野 笑子

アロマテラピーに出会い「大丈夫、私ならできる」と自信が持てたことをきっかけにアロマテラピーの学びを深める。
精油は私の人生に彩りを与えてくれたことから、2013年千葉県松戸市に「アロマテラピースクール&サロン irodori」をオープンする。
アロマテラピーのレッスンを通じて「一人一人が自分にしかない魅力に気づくことで、望む未来へ向かって一歩踏み出せる」と伝えることを自らのミッションとしている。
何事も前向きに捉える姿勢とアロマテラピーに対する知識と情熱から、安心感がある、信頼できるとの感想を多くいただいている。

アロマアナリスト
アロマアナリーゼインストラクター
NARDアロマテラピー協会認定 アロマインンストラクター
NARDアロマテラピー協会認定 アロマセラピスト