今の自分はリフレッシュ?それともリラックス?

先日の「わかる繋がる活かせるアロマ」レッスンで考察を深めた

オレンジスィート精油ベルガモット精油

「柑橘系の精油」と括られる精油ですが、あたりまえですが、細かいところを見ていくとそれぞれの個性が際立ってきます。

レッスンでもお伝えしたのですが、精油の考察を深める時に、1本の精油だけを見つめるだけでなく同じような種類の精油と見比べていると、
よりそれぞれの個性が浮き上がってきますので面白いですよ^^

この2つの精油、基本的には好まれることが多い精油なのですが、irodori調べになりますが、オレンジが好きな方はベルガモットはちょっと・・・となり、
ベルガモットが好きな方はオレンジはちょっと・・・という具合になります。

もちろん両方とも好まれる方もいらっしゃいますけどね。

この違いってなんだろう?と改めて精油のプロフィールを見直すと、その精油を好む方の背景が見えてきます。

柑橘系の植物って、アジア原産のものが多いのですが、そこから世界中を旅して散らばります。

オレンジスィートは天真爛漫、自分が心地よい!と思った場所ならどこにでも住み着くことができます。

それに対してベルガモットは繊細。自分が輝ける「ここ」という場所を選びそこで魅力を発揮し続けます。

軽やかにいきたいと思っている時はオレンジスィート精油を好み、腰を据えてじっくり取り組みたい時にはベルガモット精油を好む。
そんな感じでしょうか。

また何かに煮詰まって肩の力が入ってしまっているような時の解消方法として、オレンジスィート精油はちょっとだけ休憩してまた動き出せるサポートを
してくれますが、ベルガモット精油は無理に動くことをせずに、しっかりと休息をとることをサポートしてくれる精油だと感じます。

オレンジスィート精油はリフレッシュの精油

ベルガモット精油はリラックスの精油


さて。今のあなたはどちらでしょうか??

先日のレッスンでは私を含め5人全員が「断然オレンジスィート!!」な結果になりました。

ちょっとだけ自分の好きなことをしてリフレッシュ、気分転換して、取り組みたいことに臨めば、
パフォーマンスが上がるんじゃない??というところに落ち着きました。

どの精油を選ぶかで今の自分の状態がわかります。

その不思議、面白さを「セルフケア・ルフコミュニケーションのためのアロマテラピー基礎講座」でお伝えしていきます。

6/15以降、ご希望に応じてレッスンスタートいたします。

ご興味がある方はお気軽にお問い合わせくださいませ。

セルフケア・セルフコミュニケーションのためのアロマテラピー基礎講座

アロマテラピーってもちろん独学で学ぶこともできますが、独学の限界を感じる時もあります。

そんな時は頼っていただけたら嬉しいなと思います。

新しい時代を自分のペースで自分らしく生きていくために。

心地よい人生を歩んでいくために。

アロマテラピーは必ず役に立ちます。

お問い合わせフォーム



この記事を書いた人

山野 笑子

アロマテラピーに出会い「大丈夫、私ならできる」と自信が持てたことをきっかけにアロマテラピーの学びを深める。
精油は私の人生に彩りを与えてくれたことから、2013年千葉県松戸市に「アロマテラピースクール&サロン irodori」をオープンする。
アロマテラピーのレッスンを通じて「一人一人が自分にしかない魅力に気づくことで、望む未来へ向かって一歩踏み出せる」と伝えることを自らのミッションとしている。
何事も前向きに捉える姿勢とアロマテラピーに対する知識と情熱から、安心感がある、信頼できるとの感想を多くいただいている。

アロマアナリスト
アロマアナリーゼインストラクター
NARDアロマテラピー協会認定 アロマインンストラクター
NARDアロマテラピー協会認定 アロマセラピスト