香りと言葉に勇気をもらえた経験

「活動再開します」と宣言したものの、またもや諸事情により足止めをくらってしまいました(汗)

これはきっと今やるべきことに集中して「アロマの方はしっかり準備を整えてから再開すればいいよ」という見えない何かの采配だと感じ、キリの良いところで来年から再始動いたします。

さて。

人が本当に苦境に立たされ辛い思いをしているときに「こんな時こそアロマだよ」とはならない。

ということを前回のブログに書きました。

これは自分にとっても大きな気づきで、今後の活動において大きな軸になっていくのではと思っています。

精油を使おうという気持ちになるにはいくつかの段階が必要だと思います。

底無し沼にハマってしまったような真っ暗闇の中にいるような。。そんな時でも一筋の光が見えた時、その光に手を伸ばそうとした時「あ、私には精油があったんだ」というそれこそ光が見えた気持ちになりました。

いつもだったらランダムにいくつか精油の香りを嗅ぎながら「今日の気分はこれかな〜」なんて楽しみながら選ぶのですが、そんな気持ちにもなれないので別の方法で精油選びをしました。

セイクリッドアロマカード

「今の自分に必要な精油を教えてください」と心の中で唱えながら1枚、毎日引いていました。

カードで出た精油の香りをお守りのように嗅ぎ、そしてその精油のメッセージを心の中で反芻し、少しずつ少しずつ、
前を向けるようになっていきました。この毎日の儀式のようなことが次第に私に勇気を与えてくれたのです。

そして毎日カードを引いていると面白いことが起こってきたんですよね。

同じカードが何度も出る

偶然でしょ、たまたまでしょ、と言ってしまえばそうかもしれません。。

でも私はそこに何か大きな意味があるんじゃないか?と感じて、精油の香りと精油のメッセージと自分の心身を繋ぎ合わせていきました。

さらに面白いことに乳腺の検査手術をする前とその後では出るカードの種類が変わったんです。

手術前によく出たカードは

フランキンセンス、ユーカリ

共通点として言えるのは「呼吸」。この先自分はどうなってしまうんだろう??とい過度な不安を抱き、
呼吸がとても浅くなっているのを「これらの精油を使って深く深く呼吸をしなさい」ということでしょうか。

フランキンセンスからは「不安という一点に集中するのではなく俯瞰して自分を見つめること」を促され、
ユーカリからは「浄化、新しい自分に生まれ変わる時なんじゃない?」というメッセージを感じました。

そして術後はぱったりとこの2枚のカードが出なくなり代わりに出続けたのが

ジャスミン

術前は全くお花の精油が出てこなかったのに、術後いきなりのジャスミン!

これは「自ら選んで変わっていくこと、意識的に変わっていくこと」という強いメッセージを送ってきているように感じました。

実は術後に不思議な経験をしましてそこと繋がっているのでは?と。。

手術後の麻酔から目覚める瞬間に右耳に小さい子供たちの声で「もうここにはいられないんだよ」と口々に言われ、
それを言われた私は「えぇ〜、それは困る!どうしよう・・・」と泣いてしまったんです。そこで看護師さんたちに
「山野さーん、起きてください!!」と起こされたのですが。(あら涙が出ているわねー夢でも見ていました?なんて言われました)

あれは何だったんだろう?「麻酔からそろそろ起きないといけないよー」の声かな?(麻酔でよく眠れて気持ち良かったんですよね・笑)
と思ったのですが、その後ジャスミンが出続けたのでいや、もしかしたら?と思ったのです。

この出来事もたまたまでしょ、そんなことないよと片付けてしまえばそれまでなのですが、私にはきっと深い意味があるんだと
捉えています。

自分に大きな健康の問題が降りかかる前には、何となく違和感を感じていたいくつかのことに蓋をしてしまってやり過ごしていました。
そこに目を向けるのを避けていたというか。変わることってエネルギーが要りますし安定したところにいたいと思うのが人ですから。。

今回の一連の大きな問題はきっと私に「目を覚ましなさい!」「新しい場所に行きなさい」と喝を入れるためでもあったのかな?と感じています。

自ら意識的に変わっていくこと。それがきっと大きな喜びに繋がる。

そんなことを感じています。

そして術前術後に関わらず出続けたカードがあります。

ティートゥリー

どんな困難と思えることがあったとしてもあなたにはそれを乗り越えていく力があるよ生き抜く力があるよ!!

そんな力強いメッセージをずーっと送ってきてくれていました。

やっと精油に手を伸ばせるようになった私は、精油の香りと言葉にものすごくたくさんの勇気とエネルギーをもらいました。

精油の力というものを信頼していますが、精油が人生を変えるとは思っていません
アロマテラピーで人生が変わるとも思っていません。

アロマテラピーや精油はあくまでもきっかけにすぎません。

精油からメッセージをもらっただけでは人生が変わるなんてことはないんです。

香りと言葉で気づきがあり、思考が変わり、行動が変われば、人生は変わっていきます。

そこには必ず自らの意思がないと何も変わらないということなんです。

私自身、自ら変わっていかなければならないと感じています。

思うように身動きが取れなかった今年の時間は、変容のための大切な時間だったんだと納得しているところです。

私自身が香りと言葉に大きく勇気づけられたように、必要としている方々に、今まで以上に精油の香りと言葉を届けサポートを
していきたいと考えています。

この記事を書いた人

山野 笑子

アロマテラピーに出会い「大丈夫、私ならできる」と自信が持てたことをきっかけにアロマテラピーの学びを深める。
精油は私の人生に彩りを与えてくれたことから、2013年千葉県松戸市に「アロマテラピースクール&サロン irodori」をオープンする。
アロマテラピーのレッスンを通じて「一人一人が自分にしかない魅力に気づくことで、望む未来へ向かって一歩踏み出せる」と伝えることを自らのミッションとしている。
何事も前向きに捉える姿勢とアロマテラピーに対する知識と情熱から、安心感がある、信頼できるとの感想を多くいただいている。

アロマアナリスト
アロマアナリーゼインストラクター
NARDアロマテラピー協会認定 アロマインンストラクター
NARDアロマテラピー協会認定 アロマセラピスト